最新IT情報はこれだ!

ためになるスマホ・パソコン情報の提供

スマートフォン スマホ スマホとパソコンの連携 パソコン

パソコンとスマホの違いが解る

投稿日:2019年3月18日 更新日:

1 パソコン(ノートパソコンを含む)とスマホの特徴

(1)パソコン

① メリット

・一般的に性能が高い

大量のデータを扱うことが出来る(高スペック製品)

・モニターの画面が広くて見やすいく鮮明

・操作性が優れている(キーボードやマウスからの入力がしやすい等)

・プリンターなど外部機器と物理的(ケーブル)接続が容易

② デメリット

・特にデスクトップパソコンはある程度のスペースを必要とする

・スマホに比べるとノートパソコンでも重くて荷物になる。

・接続ケーブル類が多く、パソコン周りが 煩雑になりやすい(右図)

(2)スマホ

一般的にパソコンとはメリット、デメリットが逆になります。

① メリット

・小さく軽くて携帯するのが楽

コンビニ、スーパーなどでマネーカードやポイントカードとして

使える

JR、私鉄、バスなどで定期券や切符として使える

・どこにいても、通信(通話やインターネット)が出来る

インターネットに繋ぎ、気軽に必要な情報を得ることが出来き、

インターネットショップで買い物も出来る

② デメリット

・モニター画面が小さい

タッチパネルでの操作性がパソコンに比べかなり劣り、中高年には難しいところがある

スマホ本体ごと落として壊れたり失くしたりしやすい(右図)

・大量のデータ処理には向かない

パソコンに比べ、画面が小さいことと、データの処理能力に限り

があるので最小限の編集に抑えることになる

2 パソコンとスマホの連携

(1) 連携方法

① ケーブル(USBケーブル等)でパソコンとスマホを繋ぐ

互いにケーブルで繋ぎ、ファイルの出し入れやアクセス(相手のファイルをアプリで実行できる)を実行することにより、作業(仕事)の効率化を図ります。

② Wi-Fiでパソコンとスマホを繋ぐ

作業(仕事)の効率化を図ることは①と同じですが、直接つなぐのではなく、互いにファイルを共有化設定行い、Wi-Fiを通じて共有ファイルにアクセスします。

また、インターネットを通じ間接的にデータのやり取りも行えます。双方に設定が必要

③ クラウドにファイルをアップロードしておき、必要な時に互いにファイルをダウンロードして使用する

この方法は以前の記事に連携方法を詳しく載せていますので下記のリンク「参考記事」をご利用ください。

参考記事:「クラウドで何ができるのだろう」

(2) Wi-Fi環境下でのファイルの共有

USB接続での共有はパソコンとスマホを繋げば簡単にファイル操作が出来るようになりますが、Wi-Fiの場合はセキュリティー上パソコン、スマホ双方のファイルの共有設定が必要になります。

ここでは、設定方法の解説はしませんが、細部の方法はブラウザ(googleやyahoo)で「Wi-Fiでスマホとパソコンを繋ぐ」を入力して検索すれば繋ぎ方の解説が出てきますのでご利用ください。

このファイルの共有は他人に見られることがないように気を付けてください。

iQiPlus

-スマートフォン, スマホ, スマホとパソコンの連携, パソコン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットショップを甘く見ないで

今回のテーマは「ネットショップで甘く見ないで」ですが、色々の問題もありますので買い物は、この記事で解説しているように慎重に行ってください。 MENU1 ネットショップで上手な買い方2 ネットショップの …

アプリケーション(アプリ)の疑問解決

MENU1 アプリケーションプログラムとは?2 アプリの種類(1)業務用(2)個人用3 アプリの選び方4 アプリの購入方法と形態5 ダウンロードアプリのインストール方法 1 アプリケーションプログラム …

スマホとパソコンを連携するには(その1)ーUSB接続

スマホとパソコンは、皆さん毎日のように使われていると思います。 そのスマホとパソコンが連携し、仕事でも遊びでも共通して使えれば大変便利になると思いますよ。 具体的に、連携すればどれだけ便利になるか、ま …

スマホを使いこなす

今回は、スマートフォン(以降スマホ)を主題として記事を書かせていただきました。 スマホは、数あるIT(パソコンやタブレット等)機器の中で一番普及しています。 日本では、大多数の国民が持っていると言って …

スマホは近々始まる5G時代はどうなるか

次世代のスマホは想像が出来ないほど変わるでしょう。それは、今我々が使用しているスマホとは似ても似つかないほど変わるかも知れません。今回の記事はある程度の方向を示すために解説しました。それが次世代通信( …