最新IT情報はこれだ!

ためになるスマホ・パソコン情報の提供

インターネット スマートフォン スマホ タブレット パソコン

インターネット時代のスマホ、タブレットのこれから

投稿日:2018年6月10日 更新日:

1 T機器は日進月歩技術はたゆまなく進む

IT機器は日進月歩技術はたゆまなく進んでいます。「パソコン、スマホのこれから?」は、どのようになってゆくのでしょうか?

筆者にも想像は難しいところはありますが、次項、第2項の記事は、筆者の私見ですので必ずしもこのようになるとは、限りませんが、当たらずとも遠からずと思っています。

これまでのパソコン全盛期よりパソコンマニア(オタク)は少なくなった気がしませんか。

自動車を例にとりますと、昔の車マニアは自分で車を整備や手入れを行っていたものです。筆者もそうでした。エンジンオイル交換やデストリビューターのポイント清掃など自分でやっていました。それが楽しくてやりがいがありました。

ところが、今は電子制御になり、プラグの一本も交換しづらくなっています。性能が上がり、故障も少なくなっていますが、筆者にとっては楽しみが減った思いがあります。

それと同様で、これから先パソコンは、部品を揃えてパソコンを組み立ることは、近い将来、なくなるでしょう。今でも筆者は最初に組み立てたパソコンが順調に起動できた時の嬉しい気持ちは、今でも忘れられません。車の思い出も含めて、思い出を大事にしたいと思っています。

2 パソコンのこれから

では「パソコン、スマホ」のこれから?(5年~10年先)について考えてみたいと思います。今現在、パソコンとモバイル機器(スマホ、タブレット)境界線ははっきりしています。理由は性能の違いとOSの違いがあります。パソコンは比較的性能が高く、モバイルは性能よりも利便性を重視たものになっています。最も大きな違いは、「簡単に持ち運びができる」できないかの違いがあります。パソコンは性能が高いから、大きく重たくなりますから、機動性は劣ります。モバイルは性能的には低いですが、小さく軽くできていますので、機動性ではパソコンに勝っています。

筆者は将来、現在のパソコンは二分化すると考えています。一つは今のデスクトップパソコンが発展した高性能のパソコンになっていくでしょう。もう一つは、ノートパソコンはタブレット型になると思います。ただし、今のタブレットよりも格段に性能はアップしているはずです。

この未来のタブレットのOSはwindows、アンドロイドやiSOのどれに集約されるか又はそのすべてが生きているかも知れません、。筆者の希望も入れてOSはwindowsになればいいと思っています。今でもwindowsタブレットはありますが、性能はパソコン並みに向上させなければなりませんので、プロセッサー(計算機)やメモリー、SSDなどを、今より小型軽量化の必要があります。そのためには、ある程度のこれからの技術革新が必要かも知れませんが、近い将来には、必ず実現されると思っています。

3 タブレットのこれから

上記の事情でノートパソコンはタブレットにとって代わるではないでしょうか。今までのタブレット(アンドロイドやiPAD)も性能アップし、生き続けるでしょう。

4 スマートフォンのこれから

スマホは現在誰でも持っていますが、将来はスマホも現在と同じような状況で使われているでしょう。当然、今のスマホより性能は向上しています。

今のスマホはシニアにとって必ずしも使いやすいとは思っていません、理由はパソコン、タブレットに比べて画面が小さく見づらいとか、キーボードのキーが小さくて入力しづらいことがあります。将来スマホの性能アップになりますが、これからの高齢者社会に対応した性能や操作性や視認性(画面の解像度の向上)の向上することが急がれます。

5 インターネットのこれから

インターネット環境も技術の日進月歩によりこの環境も変わってきています。10年後はどうなっているかは想像できませんが、急に劇的な変化があるわけないと思いますので、今の積み重ねに上に将来の形が形成されると思います。

(1)AIの進化について

今、話題になっているAI(人工知能)が将来インターネットと密接な関係になることでしょう。今でも将棋や碁の世界にもITと人間の対決が始まっています。今までのロボットは人が書いたプログラムによって動いていましたが、AIは自分で考え、自分で学習により行動を改善してして動くようになります。そこがコンピューターと違うところです。本格的にAIとインターネットが結びつくことによって全く新しい環境が作り出すかも知れません。AI技術はいくら発展しても人を超えることは許れないと思います。これは人間の尊厳にもかかわります。AIの発展は、人にとって有益なるか、害するものかは使い方次第だと思います。

(2)インターネット環境のセキュリティー

これは、攻撃してくる側の戦いは続いていくと思われます。外部からの攻撃はますます先鋭化すると思います。今では、国と国でサイバー攻撃がし烈になっております。このことは自分に直接関係ないと思わないでください。インターネットは国であろうが、個人であろうが垣根はありません。しっかりセキュリティ対策を立てて自分を守ってください。

我々は、このような状況に留意しながら新しいことに挑戦する気概を持つ必要もあります。

これまで、述べたことは幾分マニア的なことだと思いますが、マニアでなくてもインターネットの発展は私たち自分自身に関係してきますので、受け身にはならないで、積極的にインターネットの新しい方向性に向き合ってください。少なくとも乗り遅れないでください。

iQiPlus

-インターネット, スマートフォン, スマホ, タブレット, パソコン

執筆者:

関連記事

これからの記憶装置はSSDです

MENU1 パソコンの保存装置2 HDDとSSDの基本的違い(1)HDD(2)SSD3 HDDとSSDの価格と使用方法の違い(1)データ記憶量(2)価 格(3)使用方法4 HDDとSSDの性質の違い5 …

遅れるな、5Gに対するスマホの対応

今回の記事は「遅れるな、5Gに対するスマホの対応」にしました。 もうすぐ始まる次世代通信の概要を記事にしてみました。これからは、スマホ・パソコン環境が大きく変わります。皆さんは乗り遅れることがないよう …

ネットショップを甘く見ないで

今回のテーマは「ネットショップで甘く見ないで」ですが、色々の問題もありますので買い物は、この記事で解説しているように慎重に行ってください。 MENU1 ネットショップで上手な買い方2 ネットショップの …

サイバー攻撃を防ぐには

MENU1 サイバー攻撃を防ぐには(1) 侵入をさせない(入口対策)(2) 外部通信をさせない(出口対策)(3) 活動をさせない(内部対策)(4) 特定のターゲットを狙った攻撃(標的型攻撃)2 サイバ …

スマホの有効な使い方

いまでは、スマートフォン(スマホ)は、60歳未満の人は、ほとんど持っています。今では、60歳以上の高齢者でもかなりの方が持っています。どうしてこんなに増えた原因を筆者なりに考えてますと、次のようなこと …