最新IT情報はこれだ!

ためになるスマホ・パソコン情報の提供

No1セキュリティー対策 インターネット ウイルス感染 サイバー攻撃 セキュリティー対策

インターネットの危険の回避はどうするのか

投稿日:2018年6月14日 更新日:

1 インターネットには、光と暗闇がある

今回はあまり楽しい話してはないのですが、悪魔に果敢に立ち向かわなければならない話をします。

インターネットには、光と暗闇があります。

①光として

インターネットは、現代社会ではなくてはならない重要なファクターを占めるようになっています。我々は毎日インターネットの恩恵を受けています。現代社会取ってもならないものになっています。

②暗闇として

インターネットには騙し騙されの世界の広がっています。サイバー攻撃、コンピューターウィルス、詐欺などが横行しています。これらの闇から脱出するために、我々は、果敢に立ち向かわなければなりません。

闇の部分に光を照らし、明るい光の社会を作っていかなければならないと思います。聖書ではないですが、暗闇を照らし、明るくし世の中を照らさなければなりません。

2 インターネットの脅威とは (インターネットの危険)

脅威はそれを引き起こす者がいます。悪意を持って攻撃をする者は、お金を稼いだり、請求を逃れたりといった金銭目的や恨みや不満を晴らす目的を持っています。そのために、インターネットを通じて、ウイルスを送りつけたり、企業のサーバやシステムに不正アクセスを行ったりします。その他、いたずらなどで同じような行為をする者もいます。これにより、サーバやシステムが停止したり、ホームページが改ざんされたり、重要情報が盗みとられたりするのです。(総務省HP)

(1)マルウエアーとは

マルウェア (malware) とは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称で、コンピュータウイルスやワーム(宿主となるファイルを必要としない。)などがあります。マルウェア感染の兆候と思われるケースは次以降のようなものがあります。

右図のようにマルウエアは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬等が含まれます。

(2)システムやアプリのおかしな挙動

マルウェア感染を発見する第一の診断方法は、システムやアプリが正常に動いているかどうかです。いつもは支障なく動いているアプリが突然ダウンしたり、システムやアプリを最近アップデートしていなかったり、アプリが突然閉じたり、エラーメッセージを表示し始めたりしていれば、それはマルウェアが正常な動作を妨害している可能性があります。

(3)発信履歴やメール履歴の見慣れない宛先

発信元が知らないとか分からない場合、不用意にメールを開かないでください。また、そのメールに添付されたファイルは絶対開かないでください。開くと一瞬にウイルス感染すると思ってください。

(4)過度なデータ使用

不正アプリはデータシステムを使ってサイバー犯罪組織側のサーバーと交信を行っているかもしれません。それは、ダウンロードの指令やアップデートを目的とするだけでなく、盗み出した情報を機器から断りもなく外部に送信する(データが盗まれる)ときも勝手にサーバーに交信しているかも知れません。

(5)おかしなテキストメッセージの送受信

サイバー犯罪者たちが感染させた携帯端末を制御するためによく使う手法は、偽のテキストメッセージを送ることですがあります。

(6)身に覚えのない支払い請求

メッセージの送信や通話の発信、データシステムの使用は、ーザーへ請求される料金の上昇という形で直接影響するかもしれません。自分のの携帯番号に課される月額コストを確認することを習慣づけてください。急に料金が増えたりしたときは請求の中身を確認してください。これは、不正コードの活動を素早く見つけるため、有効な手段です。

2 ランサムウエア―

「インターネットの裏事情とその対策」の観点から、考えてみます。

ランサムウエア―をご存知ですか。これはウイルスの一種で、騙してお金を払わせる悪質なものです。このウイルスは海外の会社関係のパソコンに感染が多く見られるそうです。被害状況はパソコンをロックし、動かない状況にします。感染した場合、右図(スマホは上図)のような表示が出ます。この警告表示で要求通り、お金を支払えばロックを外すとの表示がされます。

被害状況についてトレンドマイクロ社(ウイルスバスター販売会社)よりますと、「改ざんサイトをデンマークやアイルランド、トルコ、ロシアなどで確認したと言い、感染規模はロシアが110台、カザフスタンが3台、ウクライナが1台の合計114台だとした。」との報告があります。

日本ではまだ、感染は確認はされていませんが、感染攻撃を感知たので、防御に成功しています。これからも我々の近くでも、感染することも十分考えられますので、注意は必要です。

具体的な症状は、感染したPCをロックしたり、ファイルを暗号化したりすることによって使用不能にしたのち、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する不正プログラムです。 身代金要求型不正プログラムとも呼ばれています。

これは感染した使用者に対し不安を煽り、復旧するための金銭の要求をするものです。(金銭を支払っても復旧するかは不明です)不幸にしてこのような事態になった場合は、直ちにパソコンの電源を切ってください。しばらく電源切り、そのままのして置きます。その後、電源を投入し、警告表示は消えていることを確認し、ウイルス対策ソフトで入念なスキャン(ウイルスチェック)を行い、正常を確認したうえで、パソコンを使用してください。

3 ウイルスの防御策

前項のように、インターネットを通し、脅威が差し迫っています。その脅威から守るための「インターネットの裏事情とその対策」を考えます。

パソコンOSの更新作業

インターネットの脅威は目に見えません。目に見えなくても確実に迫ってきます。ですから侵される前に対策をとって置くのです。

1)OSの更新

OSは、いうなれば基本ソフトです。OS(オペレーション・システム)がなければパソコンは作動しません。

まず、OSを脅威からまもる対策の一歩はOSの更新を行い常に新しい状態にして、防御力を強めてください。

パソコンでは、OSがwindowsやMac OSのプログラムの更新があります。この更新作業は、常に最新の状態にしておく作業です。最新の状態にするということは新型ウイルス等に対抗できるプログラムを更新することです。これは設定が必要な場合、多少時間がかかりますが、パソコンを終了したときと、次の起動時に自動的に更新が行われます。

(2)ウイルス対策ソフトの更新

前項のOSの更新だけで、完全ではなく、次の対策としてはウイルス対策ソフトでのスキャンや更新を行います。

もし、ウイルス対策ソフト入れていない方は、すぐにインストールされることを強くお勧めします。これはウイルスを撃退したり、定期的にスキャンするとともに、自分のパソコンのセキュリティーの状態や、過去にいつ攻撃を受けてどう対処したかを、報告をしてもらえるので安心です。当然ですがOSと同じく、対策ソフトも常に最新の状態に保つことも必要です。

(3)ウイルス対策は使用者の責任

脅威は日々進化しています。更新ををおろそかにしていると、自分ばかりではなく、他人にも伝染して迷惑をかけることもあります。脅威の進化とそれに対する対策は、鼬(いたち)ごっこみたいなものです。これらの防護対策とることは、インターネットを使用する人の責任です。

4 上手な更新方法

ウイルス対策ソフトは常にプログラムを最新のして置かなければ、意味がありません。その更新方法は次の通りです。この設定は、ウイルルス対策ソフトにログインしてから、各ソフトで定められた手順で更新作業を行ってください。更新時期は、自分の都合に合わせて行ってください。

(1)自動更新

意識しなくても自動的に更新してくれるので、手間がかからなくて大変便利です。

しかし、業務でパソコンを使用している場合、突然更新作業が入ると、場合によっては、仕事を一時中断しなければならないこともあります。その後、更新作業が終わり、再起動が促されます。

(2)時間指定更新

「自動更新」では上記の動作は仕事の邪魔になることもありますので、時刻の設定を、仕事に支障がない時刻、例えば、昼休み時間や仕事の終了時間に合わせ設定する必要があります。

(3)手動更新

この更新方法は、更新を忘れないようにすることが大切です。例えば一週間に一度、スキャンや更新曜日を決めておけばいいと思います。自分のやりやすい方法で行ってください。ぜひウイルスに感染しないようにご注意ください。

敵はウイルスを使い、我々の弱いところに照準を受け攻撃してきます。本文でも書いていますが、我々が常に警戒心を持ち、対策を続けていく必要があります。

iQiPlus

-No1セキュリティー対策, インターネット, ウイルス感染, サイバー攻撃, セキュリティー対策
-, ,

執筆者:

関連記事

ワイファイ(Wi-Fi)の活用

今回は、WI-FIを使用することについて、使用方や経済的にもお得なお話をします。 MENU1 ワイファイ(WI-FI)の活用ための全般事項2 有線LANとWI-FI(無線LAN)の違い3 ワイファイ( …

ネットショップでの上手な買い方

MENU1 ネットショップの利点2 ネットショップの問題点3 実店舗とネットショップでの買い方の基本的な違い4 ネットショップでのお得な買い方(1)実店舗とネットショップの比較(2)ネットシップでの買 …

no image

ネットショップでの買物は安全が一番

「ネットショップでの買物は安全が1番」というタイトルで、ネットショップならではの買い物の楽しさや注意しなければならないことを採り上げます。表題の「上手」なという意味は、出来るだけ安い買い物をすることも …

no image

無料クラウド有効利用しよう

MENU1 無料クラウドの先取り(1) クラウドの個人利用(2) 制限内であれば無料(3) クラウドは画像データーに適している(4)無料クラウドの注意点(5)各社クラウド無料データー量2 クラウドとは …

スマホ、パソコン等に対しての我々の取り組み

今回は、パソコン・スマホを通してインターネットの将来について考えます。 パソコンやスマホは日進月歩で性能が向上しています。われわれも乗り遅れないようにしたいものですね。 それと同時にインターネットも進 …