最新IT情報はこれだ!

ためになるスマホ・パソコン情報の提供

5G世代のスマホ 5G世代のパソコン

5Gスマホとは何?

投稿日:2019年5月21日 更新日:

今回は、5Gスマホとはというテーマを載せました。まだ、はっきりしないことはありますが、5Gが我々の生活にどのようにかかわってくるか意識して載せました。

1 5Gスマホとは

5Gとは第5世代通信(5th Generation)と言います。この通信は、未来に向けた画期定な超高速通信です。

5Gについては、次項第2項で詳しく説明します。

その超高速通信の5G技術を、従来のスマートフォンの機能に加えて、全く新しい機能を追加したスマホ(パソコンも含む)の販売が来年(2020年)以降始まることになります。

2 5G及びIoTとは何?

(1)5Gとは

①5G開始されれば

スマホからインターネットを通じ、各種機器の遠隔コントロールができるようにもなります。

5Gは、今年(2019年)から試行が始まり、オリンピックイヤーの来年(2020年)には本格的に始まります。5Gが始まるとすれば、スマホにとっても大きな変化が始まります。

②5Gは複数台同時接続が可能

5G世代通信の移動通信として大きな話題となっている、5G世代通信 は、スマホで言えば、これまでの 3G や 4G 世代に比べて、移動通信技術は、大幅に信頼性が高く、高速通信が、可能になります。

5G の通信速度は数ギガビット/秒(Gbps )になります。現在使用されている4G(LTE)の通信速度は75Mbps~100Mbpsですから50倍以上になりますので、ほとんどタイムラグ(遅れ)がなくなります。

③5Gの優れた機能

上記②と相まって、高速通信及び大容量データの送信が可能な 5G は、今ままでものに加え「ものインターネットIoT(Internet of Things)」という様々なデバイス(大げさに言えば、この世のあらゆるもの)にも発展させることが出来ます。

(2)Iotとは

IoTとは「Internet of Things=もののインターネットの略」で「もの」がインターネット経由で通信することを意味します。

テレビ、エアコン等家電やデジタルカメラや最近話題のスマートスピーカー等のデジタル情報家電をインターネットに接続することが増えてきます。

このように様々なデーターが職場や家庭を問わずインターネットを介して伝達されるシーンが今後ますます増えてくるでしょう。

このように世界中に張り巡らされたインターネットはあらゆる「もの」がコミュニケーションをするための情報伝送路になりつつあります。

インターネットで結ばれたデバイス(IoT接続機器等)をスマホでコントロールできるようになります。

もの:普段我々が日常使用している物や公共的な物まであらゆるもの。表現が「物」ではなく、「もの」としているのはデータや電気信号みたいみたいに形があるものとは限らないからです。)

3 5Gスマホはどんなもの?

前2項で説明の通り、5Gの通信速度は4Gの50倍以上とか通信容量は1000倍にもなりますので、今のスマホとは比べ物にならない性能が必要となります。

5Gスマホは、今のスマホと比較してバージョンアップと言うものではなく、形は似ていても全く別のものとなります。

現在、各社は5Gスマホの開発が最終段階に来ていると思いますが、具体的なことが判るのは、もう少し先になると思います。少なくとも、現在のスマホとはかなり違うはずです。(下図は5Gスマホの予想図 パソコンは右図)

しかし、5Gが始り、今使用中のスマホは使えなくなる心配はありません。今まで通り、しばらくは安心して使用できます。

ただ、何年か後5G化が進めばスマホが必要なくなる可能性があると言われています。当記事では5Gスマホはスマートフォンと言えるかどうかは筆者には分かりません。

シャープは2019年5月8日、次世代のモバイル通信技術「5G」のスマートフォンの検証機を公開しました。

プロトタイプ機(改良を見込んで、その仕事をする大筋として作る最初の模型)は同日発表した「AQUOS R3」をベースとしており、「ミリ波:波長が1 – 10mm、30 – 300GHzの周波数の電波をいう」と呼ばれる5Gで新たに使われる周波数帯に対応します。具体的には28GHz帯で400MHz幅を使用した通信をサポートします。

検証環境では、2Gbps超の速度での通信を確認しているとのことです。

日本では大手キャリアが2020年3月以降、順次5Gサービスを展開する予定となっています。シャープでAQUOSスマートフォンの開発を統括する小林繁氏は5Gスマホについて「先頭集団で開発し、いち早く投入させていただきたい」と、国内での早期投入を表明しました。

4 5Gスマホの役割

(1)通信速度の超高速化

5Gになることで通信速度は10Gbps以上の超高速通信になると言われています。現在国内大手3キャリアの通信速度は最大でも600Mbps前後であることからその差は15倍以上にもなり、いかに高速な通信であるか数字だけでも一目瞭然です。

(2)複数台同時接続

通信速度が大幅に高速化することで、一定時間に送信できる通信容量も現在と比べその差は約1000倍も向上すると言われています。例えば現状4Gだとスタジアムなど大きな施設に大勢の人が集まり、一斉に通信しようとすると一時的に繋がりにくくなることがあります。

しかし通信容量が増えれば同じ場所で複数台の通信があったとしても、混雑することなくスムーズに接続が可能です。また今後到来する、様々なモノがインターネットに接続され情報交換や操作、制御を行う”IoT時代”を実現させるためにも5Gの導入は必要不可欠と言われています。

(3)通信の超低遅延

5Gでは通信の遅延解消も期待されており、各大手キャリアの実証実験では超低遅延化への成功をぞくぞくと収めています。4Gではネットワークの遅延が0.05秒程と言われているのに対して5Gは0.001秒以下と言われ、ほぼ遅延(タイムラグ)がないと言っても過言ではないでしょう。この技術は車や電車の自動運転に利用ができ、安心して走らすことができます。

5   5G時代のパソコン

5G時代のパソコンはスマホと同じく、著しい変化が起こると思われます。使い方としては、スマホと同じような各種情報のモニターはもちろんのこと、パソコンならではの使用方法が考えられます。5G時代になると、パソコンでも大変革が起こるかも知れません。

従来のパソコンでは5G時代の高速大容量のデータ処理は負荷(負担)が大きくなるのは必然です。ですからパソコンも性能的にも向上させなければ使い物にならなくなる可能性があると思います。筆者は将来のパソコンはどのような姿になるかは予想できません。

intelによると、2月に入って発表した「Intel Xeon D-2100」プロセッサに関する最新情報も明らかにした。それによると、Xeon D-2100は5Gネットワークでエッジコンピューティング※を可能にする。

※エッジコンピューティング:利用者のスマートフォンなどのインターネットにつながるIoT機器において情報を処理したり、利用者に近いエリアのネットワークにサーバを分散配置して処理を行ったりするコンピューティングモデル

5Gになると、上記にも書いている通り、4G時代と比べ物にならない位の情報量が行き交うことになりますので、その情報の処理に高性能CPU(プロセッサー)を搭載したパソコンを使用し、複雑な情報の整理に活用できるかと思います。

例えば、ある自動車工場を例にして考えます。自動車工場の場合は数多くの機械が同時に動いていますが、それらとインターネット(IoT)に繋がったシステムが作動していて、その工場全体の状況を一か所(離れた場所でも可)で、パソコンにより一元管理でき、作業の省力化につながることが期待できます。

iQiPlus

-5G世代のスマホ, 5G世代のパソコン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5G世代スマホのセキュリティー

1 5G世代のスマホ・セキュリティー 次世代の移動通信として大きな話題となっている 5G世代通信 は、現在の 3G や 4G のような現行の移動通信よりも、信頼性が高く、高速通信が、可能になります。5 …

インターネットの騙しのテクニック

MENU1 インターネットの騙しとは2 騙しの手口(1)フィッシング詐欺(2)ワンクリック詐欺2 サイバー攻撃を防ぐ基本的対策(1) 侵入をさせない(入口対策)(2) 外部への通信をさせない(出口対策 …

5G、IoTを理解する

MENU1 現在のスマホ(1)3Gスマホ(2)4G(LTE)2 5G、IoTとは何か(1)5Gとは(2)5Gは複数台同時接続が可能(3)5Gの優れた機能3 IoT(Internet of Things …

近未来の技術IoTとは何?

MENU1「もの」のインターネット2 5GとIoTとの関係は(1)5G世代通信(2)「もの」とインターネットを繋ぐ(3)IoTの活用例3 日本での5Gスマホの動向は 1「もの」のインターネット センサ …

パソコン市場の縮小について

MENU1 現在のパソコン動向2 5G世代通信とは3 パソコンはなくなるのか? 1 現在のパソコン動向 最近のデスクトップパソコンの売り上げが下降気味です。それに対し、ノートパソコンがその分、増えてい …